コミュニケーションで学びをシェア(共有)するAWCしゃべり場

コミュニケーションで学びをシェア(共有)するAWCしゃべり場

愛知県の城や戦国史跡または歴史の街道などの愛好家で作る愛知ウォーキング城巡りクラブの勉強会を兼ねたセミナー、講習会の詳細です。

コミュニケーションで学びをシェア(共有)するAWCしゃべり場


AWCしゃべり場(しゃべりば)とは、愛知県や近県の城、戦国時代の史跡、また街道や時代的な考証などをテーブルの皆さんと話し合いながら学ぶ勉強会です。

 

これが特徴!

・参加者とのコミュニケーションがとれる
・他人の意見や考えを聞くことができる
・自分の中で学び気付きがある
・テーブル単位での発表もあるのでアウトプットで記憶に定着できる

 

 

普通の歴史講座と何が違うの?

テーブルの皆さんとのおしゃべりで答えを探す形式の勉強会です

 

大学の講義なら講師がひたすら喋って、受講生がメモを取るというイメージです。でも愛知ウォーキング城巡りクラブの歴史講座は、テーブルワークといって5〜6名のテーブルを作り、そこで講師から出た課題を話し合いながら答えを出す、テーブルワークという方法の勉強会なのです。

 

 

歴史や城は大好きですが詳しくないです。そんな私でも楽しめますか?

そういう方こそ大歓迎です!

 

歴史や城は分かる過程が楽しいのです。そのための勉強会なので、城や戦国史に詳しくなくても大丈夫です。また同じテーブル、教室の方々はAWCの会員ばかりなので、次に参加される見学会の時にお会いすることもあるでしょう。コミュニケーションも楽しめます。

 

 

楽しくおしゃべりするだけですか?

講師のマニアックな講義もシッカリあります

 

AWCしゃべり場とは、城や戦国史を勉強する場です。その手段としてテーブルワークを取り入れています。もちろん私のマニアックな講義もふんだんに取り入れていますので、マニアックな郷土史の知識を知ることができます。

 

 

 

参加者の声
 

 

始めての参加でしたが、楽しくあっという間に終わってしまいました。知らないことばかりだったので、最後までわくわくしながらみなさんのお話を聞いていました。

 

 

先生の話だけでなく、会員同士の話し合いが楽しく、時の過ぎるのが早すぎる。書物に載っていない『ここだけの話』が聞ける喜び、最高です。

 

 

通常の見学会では、なかなか"知り合って仲良くなって"というのがむずかしいですが、こういう場があるおかげで知り合えてうれしいです。

 

 

 

今回のテーマと開催詳細!
 
オリエンテーション

会員のプチ発表

【テーブルあいさつワーク】
・関ヶ原に参戦した好きな武将とその理由
・関ヶ原古戦場の印象的な史跡
・関ヶ原の戦いのココがいい!
・こんな大河ドラマが見てみたい

 

第一部

ここまで変わった関ヶ原の戦い最新検証

 

第二部

関ヶ原西軍、東軍武将の意外なエピソード

戦国時代の合戦の中でも根強い人気がある関ヶ原の戦い。そのため多くの学者、研究者により内容が大きく変わっているのをご存知ですか?今回は最新の研究で関ヶ原の内容がどう変わったのかを検証してみます。また有名武将のその後、子孫たちの意外なエピソードなど、関ヶ原好きはもちろん、これから関ヶ原の戦いを勉強しようとしている方にもオススメです。

・当時の名称は関ヶ原ではなかった
・小早川秀秋は合戦の途中で裏切っていなかった
・関ヶ原に残る織田信長ゆかりの史跡
・家康は戦っていない
・ウワサの玉城、行き方と現地レビュー
・あの人、その後こうなりました

 

 

【日にち】

  • 7月14(日)

 

【開催場所と時間】 
刈谷市総合文化センター アイリス405・406研修室
午後1:00

 

【住所】
刈谷市若松町2丁目104

 

>>アイリス刈谷の地図

 

 

【終了予定時間】 
午後4:00くらい

 

【定員】30名

 

【持ち物】 筆記用具

 

【参加費】2,000円
※午前の城セミナーにも参加する方は1日で3,500円

 

※招待券、LINEでの無料参加券使えます。

 

※6月下旬頃募集を行います。