愛知ウォーキング城巡り倶楽部とは 概要と活動内容


愛知ウォーキング城巡り倶楽部(AWC)とは、歴史や城が好きな人たちが集まり、充実した時間を過ごす会です。

 

 

その手段として城巡りや史跡巡りをはじめとする、いろんな活動を行っています。

 

 

もとは西尾市教育委員会主催の吉良町公民館講座で、城や戦国史について学んでいた人たちが、自発的に作った民間のサークル。

 

 

城や戦国史を学んでいます。

 

 

会員数は107名。(2019年12月現在)

 

 

拠点は愛知県西尾市ですが、会員は岐阜県、三重県、静岡県などにもいます。ではどんな活動をしている会なのか、簡単に説明します。

 

 

 

 

 

会員限定メルマガ

 


AWC会員には会員限定メルマガが届きます。

 

 

メルマガとはEメールで配信される、かわら版みたいなものです。

 

 

イベントのお知らせはもちろん、歴史業界の最新の話題や愛知県と近県のオススメの城情報など、旬な情報が届きます。

 

 

 

 

 

城巡り

 


愛知ウォーキング城巡り倶楽部の基本活動が、現地集合、現地解散の行われる城巡りです。

 

 

これは原則、車集合、電車・バス集合可能な史跡めぐりコース。約2〜4時間のコースで愛知県および近県の城や戦国史跡を巡ります。

 

 

 

 

 


また不定期ですがバスを使って見学会を行うこともあります。

 

 

初めてのバス見は近江・比叡山延暦寺を坂本城など、明智光秀ゆかりの地を巡りました。

 

 

 

 

 

 

 

セミナー

 


現地見学会だけではなく、講座での知識習得も大事です。愛知ウォーキング城巡り倶楽部では、不定期に城や歴史に関する講座を行っています。

 

 

講座で知識を得れば、城巡りの現地でもよく理解できるので楽しみが増しますね。

 

 

また愛知ウォーキング城巡り倶楽部の講座は、ただ先生の話を聞くだけではなく、グループワークの時間も大事にしています。

 

 

グループでの自己紹介やディスカッションも行われるので、参加者のコミュニケーションも深まるのが特徴です。

 

 

 

 

 

懇親会・食事会

 


これも不定期で行われるイベント。

 

 

城巡りではなかなか他の参加者と話す機会がありませんが、懇親会では会話の機会がたくさんあります。

 

 

同じ趣味の仲間が増えることも、趣味の会の楽しみでもありますね。

 

 

 

 

 

 

 

入会するとたぶんこうなります

 

  • 同じ趣味(歴史・城)の仲間ができる
  • 幅広い年齢層の方と知り合えるので視野が広がる
  • 他に御朱印、甲冑、着物の趣味も楽しめる
  • 知識が付くので城巡りが楽しくなる
  • 歩くので結構健康になれる
  • 人生がそれなりに楽しくなる